ぶろぐ

テレビとかラジオとか映画とか見るのが生きがいだyo

バイト記①

現金欲しさに、派遣のアルバイトを始めた。長所:ブレない、短所:頑固、な大学4年生はテレビ屋さんになりたくて就職活動を10ヶ月くらい続けており、つまり「面接あるかもしれないからシフト入れません(>_<;)」みたいなノリを延々とのたまっている訳で、当然のことながら所持金が底をつき、というかマイナスになった。というのが派遣バイトを始めた背景である。
さらに、そのバイトに行く交通費がないレベルの経済危機を迎えているくせに北海道旅行を9月末に敢行したため、10月はクレジットカード引き落としの日を万全の体制で迎えるために生きることになった。

という訳で、朝7時から夜21時まで六本木の秋空の下で施工を見守ったり、駅前でパチンコ屋の看板持ったり、麻布十番のクラブでクローク係をしたりした。新たな経験を積み私も1UPしたと言っていいのではないだろうか。

今回はそのバイトのうちの一つの話だ。この日の仕事は「イベントスペース立会い業務」。
全然仕事内容が伝わってこない13文字が他にあるだろうか。でも読んで字のごとくというかリテラリーというか、業務はこれ以上でもこれ以下でもない。ただひたすらに「イベントスペースで立ち会っている状況」を続けておけば良い。数日後に行われるイベントの施工が安全に行われているかどうか見守るのが、今回の私の任務であった。それを立会い業務というらしい。実際はその辺をスーツでウロウロしてればいいだけである。

7時に現場へ集合し、その事実をはっきりと認識したのが7時半ごろ。この仕事は7時から21時の日給14'000円だ。晴れた秋空の下、今から13時間半この辺りをウロウロするという今日一日のスケジュールが確定した。ウロウロしつつ、たまに施工の過程をちいちゃいデジカメに収めるだけ。私の中の小宮浩信が「バカな!」と叫んだのは言うまでもない。

私にその説明をしてくれたおじさんは、「じゃあ僕はあっちで別の仕事をしてるので、何かあったら電話してね!あとは加藤さんと交代で休憩とって!じゃ!」と去ってしまった。「あ。。加藤さんもバイトなんだ。。。。」と思ったのは、そりゃあ加藤さんは3頭身とも見て取れるメタボスタイルで、天然パーマを禿げ散らかした、齢五十路ほどの立派な中年オヤジだったから。聞いた話ではこの立会い業務、「なんかそれっぽい」という理由で30〜50歳くらいのオジサンが多いらしい。そりゃスーツ着て施工を見守り、危険な感じがしたら注意するって、女子大生がやる仕事ではないですよね。。。。

そんなこんなで登園する幼稚園児を見かけたり、お母さんや友達と楽しく帰路につく幼稚園児を見かけたりなどする、ひどくつまらなくて長い1日が始まった。

このバイトの一番の敵は気候。寒い。言っても10月である。秋空に朝から晩まで放り出されたら寒くて寒くて凍えちゃって鼻水パラダイス。日陰になるのが辛過ぎて、雲の動きを何度確認しただろうか。このバイトは1時間交代で休憩が回ってくるドリームバイトでもあるのだが、その時のセブンのホットコーヒーとビートルズには感謝しても仕切れない。金のためにバイトしているのだからコーヒーなんて買いたくなかったが、やむを得なかった。

在って無いようなこのバイトがなぜ存在するのか考えたりしながら長い時間が過ぎ、21時を迎え、ガタガタ震えながら再びコーヒーで体を温めつつ帰路についた。しかしここで泣きっ面に蜂である、私なんか悪いことしたかな神様、電車から流れる「急停止します」というアナウンス。その後「人身事故のため急停止いたしました。運転再開は1時間後を予定しています。」という死刑宣告。見事に1時間、動かぬ満員電車で立ちっぱなし。
こっちは秋空耐久14時間チャレンジを終えたばかりで足もパンパンなんだぁ、寒さで鼻水が止まらないってんだからぁ早く帰らせろ〜〜〜〜!!!!とブチギレていたら、私の目の前に座りゲームをしていた、スーパーマラドーナの田中さん似のサラリーマンがティッシュをめっちゃくれた。

f:id:pocl97:20181109023726p:plain

スーパーマラドーナ 田中


優しい!!!!!!有難う!!!!!!!!

よく電車で鼻水の滝と化してしまう私であるが、それを見兼ねた心優しい人にティッシュをいただくのはこれで2回目。いや、優しいというかすする音が汚くてうるさいだけですよね、鼻弱いんだからちゃんと常備します。すみません。申し訳ないです。有難うございます。反省。
何のことやら分からず応募したこのバイト、なぜこの仕事が発生するのか、思わず雇用についてまで考え込んでしまうほど不思議なバイトだった。しかも1時間電車閉じ込めという泣く子も黙る罰ゲームつき。しかし最後に人の優しさに助けられ、徳を積まねばと思った。(思わない)

 

昨今

卒業制作を作るために、会いたい人に会おうとしている。タトゥーシールを作って販売してる24歳の女性の方。でもどう連絡しようか、何を言おうか、聞こうか、まとまらなくてこんがらがって呆然とノートを見つめて、そうやってタイムリミットだけが迫って、焦燥感に苛まれつつも、考えている(様で考えていない、というか、そんなゆったり考えている場合ではない)。

これ、早くしないと提出に間に合わない、だいたい、会えなかったら、どうするんだろう自分。どうするんだろう、とかいって、自分のことになるといつも対策を考えない癖、どうにかしたほうがいい。おい、そこの自分。(チャットモンチーの歌詞)

こうやってタスクを消化しようとすると、劇的な作業スピードの遅さに情けなくなるんだ。やらねばと思いつつもやりたく無い、アンビバレントな日々である。こんなことボヤいてないで、さっさとやればいいんだ。単純明快だねー。

(今日の映画)フロム・ダスク・ティル・ドーン

後悔した、いろんな意味で後悔した。一言で言うとB級ワロタみ映画。
簡潔に言うと、エログロゾンビおっさん趣味丸出し映画。

f:id:pocl97:20180902230950j:plain

最初はなんかクライムムービー

ネタバレだけど、最初はクライムムービーのように展開される。
しかし私は映画で銃と血をもう見たくないんだ。無抵抗な市民殺されるの見るのが辛いんだ。だからクライムムービーというだけで既にちょっと後悔しているというのに。というか、またクエンティン・タランティーノがいる時点で幸先不安である。
とか思いながら見進めると。
突然画面一体がゾンビ!!!!!!!!
っていうか吸血鬼なんだけど。ほぼゾンビの化け物が一斉に襲ってくるねんwwwwww
なんだそれwwwwwゾンビwwwwクライムムービーからのゾンビぃいwwwwww


後半からはひたすらゾンビをぶん殴ったり、ブッ刺したり、腕引きちぎったり、心臓引っこ抜いたり、人間もゾンビもグチャグチャベチャベチャ状態。
ゾンビが出てくる直前までセクシーな女の人がおっぱい丸出しでくねくねダンスをしてたのに。どういうこっちゃ。意味不明すぎて爆笑しながら見てしまったけれども。
最終的にはゾンビを全員蹴散らして、平和を勝ち取り映画は終わった。


構造が面白いって聞いて見たんだけど何かの間違いだったのかもしれない。

 

(今日の映画)インターステラー

f:id:pocl97:20180902124936j:plain
ただ一言。大大大感動である。
人生で一番感動した映画と言っても過言ではない。あっという間に2時間49分が経ち、我に返った時の「あっ...ワタシ地球に戻ってきた...」感よ...!!
そして思ったね。地球は美しいしそんな地球を破壊してはいけないし、そのためにも日々地球を大事にしなくてはいけない!!!いや、そうしたい!!!!
映画は情報無しで見るのが一番面白い教の信者なので、私の感想など読まずにいますぐインターステラーを見てほしい。
宇宙表現は言わずもがなというか、この映画を見るだけで、マジで小宇宙旅行が体験できる。怖くてドキドキするし本当に未知の世界!だからこそ対照的に、生命が息づいている地球の素晴らしさを感じてしまった。


何がスゴいかというと、伏線回収と宇宙表現と、宇宙ならではの時系列である。
ストーリーは近未来。地球規模の食糧難と環境変化で、人類は滅亡の危機に晒されている。主人公は元宇宙飛行士の農夫。(食糧難なので農家が重宝されるご時世!)ところが、ある事をきっかけに、大昔に無くなったはずのNASAが秘密裏に動いている事を知る。そこから物語は進んでいく。

前半で分かるのは、人類滅亡の危機をNASAがどうにかしようとしてるって事だけ。
つまり分からない部分が多いまま進んでいくのだが、最終的にはそれをぜ〜んぶ、しかも感動的に回収してしまう。その全ての伏線に人間のALL YOU NEED IS LOVEが詰まってる。全てのシーンに意味があるからひどく感動してしまった。

そして時系列。時間の進み具合は、その星によって違うっていうことが作用してる。
例えば、地球にとっての1週間はブラックホールにとっての1時間ってことがある。なぜなら、ブラックホールは重力が大きいから。重力が大きすぎるため光をも吸収してしまうので、光の進む速さも遅くなる。だから、ブラックホールの近くにいる重力がめちゃめちゃ強い星で1時間過ごすと、地球では7年経ってる、っていうことが起こるわけ。
この論理が、物語をとってもよく動かす!!宇宙の不思議!!この世の物理!!3次元を超えて空間と時間を行き来する、5次元レベルの世界観ってこと。気にならない?!?!気になる!!

この映画は、地球が人間の住環境として相応しくない状態になってしまったから、NASAが動いて宇宙に行っているんだよね。だから、「住める地球」ってことがどれだけ素晴らしいことなのかを凄く感じさせられた。地球には海があって風が吹き植物が繁り、川がせせらぎ鳥がさえずっていて、雨が降って雷も落ちる、そんなことがとっても美しいし守らなきゃいけないと思った。大真面目に!地球温暖化森林伐採、反対!

それで思い出したのは、パーム油の問題。
地球守るためにパーム油の事から始めよう!
(こっから下はインターステラー関係ない)

 

 


最後は、このビューティフォーアースに捧ぐディズニーの素晴らしい歌「Colors of the Wind」を、日本語訳付き(バイリンガルニュースmami訳)で紹介します。地球賛歌。
バイリンガルニュースは、バイリンガル会話形式で世界で話題のニュースについてmamiとmichaelが喋っているPodcast

 

 

You think I'm an ignorant savage
私のことを無知な野蛮人だと思っているのね

And you've been so many places, I guess it must be so
あなたは色んな場所へ行ったことがあって、それは事実なんでしょう

But still I cannot see
でもやっぱり私にはわからないの

If the savage one is me
もし野蛮なのが私のほうなら

How can there be so much that you don't know?
なぜこんなにもあなたが知らないことがあるの?

~~~~~~~~~~~~~~~

You think you own whatever land you land on
あなたは自分が足を踏み入れた土地はどこであろうと自分のものだと思ってる

The Earth is just a dead thing you can claim
地球は自分が所有できるただの死んだモノだって

But I know every rock and tree and creature
でも私は知ってるの、すべての岩や木や生き物には

Has a life, has a spirit, has a name
命があり、精神があり、名前がある

You think the only people who are people are the people who look and think like you
あなたは自分と同じ見た目、同じ考えの人だけを人だと思っているでしょう

But if you walk the footsteps of a stranger
でも他人の足跡をたどってみれば

You'll learn things you never knew, you never knew
それまで決して知らなかったことが見えてくるのよ

~~~~~~~~~~~~~~~

Have you ever heard the wolf cry to the blue corn moon
オオカミが青とうもろこしの月に向かって吠えるのを聞いたことがある?

Or asked the grinning bobcat why he grinned?
ボブキャットになぜにっこりしてるのか尋ねたことは?

Can you sing with all the voices of the mountain?
あなたは山の声と共に歌える?

Can you paint with all the colors of the wind?
風のすべての色を使って絵が描けるの?

~~~~~~~~~~~~~~~

Come run the hidden pine trails of the forest
森の隠れた松の小道を走りに来て

Come taste the sunsweet berries of the Earth
陽を浴びた大地の甘い木の実を味わいに来て

Come roll in all the riches all around you
周りに広がる豊かさのなかを転がりに来て

And for once, never wonder what they're worth
そして一度でいいから、それらにいくらの値段がつくのかなんて考えないで

The rainstorm and the river are my brothers
嵐や川は私の兄弟で

The heron and the otter are my friends
サギやカワウソは私のともだち

And we are all connected to each other in a circle, in a hoop that never ends
決して途切れない円の中、輪の中で私たちはみんなお互いと繋がっている

~~~~~~~~~~~~~~~

How high does the sycamore grow?
スズカケの木はどこまで高く伸びるの?

If you cut it down, then you'll never know
切り倒してしまったら、もう絶対にわからないのよ

And you'll never hear the wolf cry to the blue corn moon
そしてあなたはオオカミが青とうもろこしの月に向かって吠えるのを決して聞くことはない

For whether we are white or copper skinned
自分たちの肌が白色だろうが褐色だろうが

We need to sing with all the voices of the mountain
私たちは山々の声と共に歌わないといけない

We need to paint with all the colors of the wind
風のすべての色を使って絵を描かないといけないの

You can own the Earth and still
あなたが地球を所有してると思ってもね

All you'll own is earth until
実際に所有しているのは土だけ

you can paint with all the colors of the wind
風のすべての色を使って絵を描けるようになるまでは

 

Songwriters: Alan Menken / Stephen Laurence Schwartz
Colors of the Wind lyrics © Walt Disney Music Company

 

 

(今日の映画)グーニーズ

立て続けにコワイ映画を見てたのでここで一回休憩タイム。ジュブナイル映画グーニーズ(1985)を見た。だって、ストレンジャーシングスの大ファンになってしまった私は、グーニーズを見ないわけにはいかなかったから!

f:id:pocl97:20180901001038j:plain

グーニーズ』主人公のマイキーは、ストレンジャーシングスで我らのヒーローボブとして出演している!


なぜならストレンジャーシングスはグーニーズの延長線上にあるからです。
E.T.』『グレムリン』『グーニーズ』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フック』etc...スティーブン・スピルバーグなど名作映画の延長線上にある傑作、古今東西あらゆるカルチャーの影響を強く受けているのが、ストレンジャーシングスだそう。だからスピルバーグの映画をみて育った人にとってはたまらない何かがあるみたい。


ということを知ったら見ないわけにはいかないじゃないか。私もその楽しみ方したい。ストレンジャーシングスのインタビューでも、80年代の話や「グーニーズとかは見たの?」って子役に質問してるのを見たことがある。それに対するアンサーは英語だから何言ってるかよくわかんなかったけど。

まあどおりで、グーニーズも、郊外!キッズ!自転車!冒険!ドキドキ!って感じの青春映画で案の定ストレンジャーシングスで見たやつう〜!家でピザ食べてゲームして保護者の目を盗んで家を飛び出す!冴えない子ども達が勇気を出して、自分なりの正義を貫く、的な感じ、いい、よね!
かなり「あ〜これか!」っていうストレンジャーシングスを彷彿する(本来は逆なんだろうけども)ツボポイントが沢山あって楽しかった。スティーブンスピルバーグ見ようと思う。

 

そもそもストレンジャーシングスとは人生最高レベルに面白かったNetflixのオリジナルドラマ。超ざっくりいうと、80年代のアメリカの田舎に住んでるキッズたちの物語。行方不明になった仲間の一人、ウィルを助けるためにキッズ4人が動き出すわけよ。Netflixの無料期間をストレンジャーシングスのためだけに使う価値はある、シーズン3が公開(2019)する前に、ぜひ今すぐ見てほしいくらい。

f:id:pocl97:20180901001103j:plain

グーニーズの話というよりストレンジャーシングスの話をしてしまった。でもそれくらい、オマージュしてることがよくわかった。

(今日の映画)パルプ・フィクション

また超暴力映画だった!!!アメリカのギャングの話!無抵抗の人殺すシーン、めちゃめちゃドキドキするから苦手!!!
でもスゴい人気がある映画らしい。へ〜。検索しただけで結構な深読み記事が出てきた。記事から漂う映画オタク臭がスゴい。別にディスってないです。
あと監督のタランティーノはこの前見たバトルロワイヤルの深作欣二監督の大ファンらしい。あっ、そう!どうりで暴力!日本刀出てきてたしね!個人的タイムリーで草。

f:id:pocl97:20180831025037j:plain

は?カッコイイ

ヴィンセント(ジョン・トラボルタ)が女子のハート破壊神、ちょーかっこいー。後ろで髪結んで前髪ちょろ〜ってやるやつ、長瀬智也にやってほしい。



ストーリーの時系列がバラバラ、っていうんで有名な映画だよね。それがわかる瞬間に盛り上がりのピーク来ちゃいました。だってお話の着地がふわっとしたまま終わるんだもの。イマイチ理解できなかったです。映画オタクなら気付くような小ネタも散りばめられているらしいが、私にそんな知識があるはずもなく!
じゃあ何が面白かったって、とりあえずなんかずっとカッコいい!
特に冒頭からタイトルまでと、ボスの妻との緊張感あるデートのシーンがめちゃカッコいい!!!ていうかジョン・トラボルタがずっと超カッコいい!貰いタバコ!!!投げキッス!!!「ボスの妻だから困るな」とか言いやがって割とノってるくせに!

あと出てくる女性が超絶美女すぎてひっくり返る。美女すぎる。

f:id:pocl97:20180831040911j:plain

超絶美女すぎる ブルース・ウィリスの彼女役


(今日の映画)セッション 

今更セッションを見た。LA・LA・LANDのデミアン・チャゼル監督のデビュー作なのかよ。変態すぎん?いかれてるわ。

f:id:pocl97:20180829232402j:plain

兎に角終始フレッチャー先生が怖すぎる。途中ほとんどヴォルデモート卿だった。こんな罵詈雑言と暴力、いじめをされて、「能力を最大限引き出すため」という教育指針を示されても。言いたいこととやりたいことはよくある部活指導論的な感じでわかるけども。めちゃめちゃゆとりマンの私は褒められて伸びるタイプ♡とかほざくぬるま湯の民なので理解できない近づきたくない。泣いちゃう。

そんな先生に、反抗しつつもなんだかんだで食らいつく主人公アンドリューも変態にしか見えんかった。たまに笑うのコワイ。っていうか信仰心ありすぎ。スティック握りすぎて血が滲んでも、自動車事故を起こして血まみれになろうとも、常にアンドリューはドラムに捧げてるんだよね。もうそれは信仰心でしかないというか。
去年見た「ハクソー・リッジ」のガチの信仰心にも、ドン引きというかパンピージャパニーズである私の理解の範疇を遥かに超えていたけど、アンドリューにも同じことを思ったね。アンドリューのドラム教はただの反骨精神的なやつだから、「ハクソー・リッジ」の敬虔なキリスト教への信仰心と一緒にしちゃダメだと思うけど。笑まあそれくらい共感できない信念すぎるってこと。

 

あー怖かった。メンタルスリルホラー映画だ。
現代は「WHIPLASH」、鞭の先端という意味らしい。やっぱり怖いじゃん!!!なにが「セッション!」だよ!!!!!!