雑感

就活生が1週間で気になったことについて書きます

メルカリの便利さと、土曜の5chが神だった件について。

メルカリの便利さと、土曜の5chが神だった件について。

 

1.メルカリが思ったより便利だった

我輩は金欠金欠と騒いでいるくせにバイトのシフトも入れず、就活もリフレッシュが必要だとか言ってカラオケをしたり、自分の機嫌をとることは大切だとか言ってロイヤルホストのパフェ¥900を解禁したりしている、知能低めのバカ大学生である。そんなバカに朗報。服が売れて800円手に入りました。

2年くらい前から出品し放置したままのページを更新し、値下げしたものが売れたのです。更新して数日で、あっという間に売れた。おいマジか。魔法かこれ。

さらに驚いたのは、発送方法がめちゃくちゃ便利になっていたことです。
数年前、必要なくなくなった新品同様の参考書を売るために利用していたときは、結構めんどくさかった。安い発送の仕方を考え、梱包し、宛先を書いてサイズを測り、郵便局まで持っていった(記憶曖昧)。その煩わしさのせいで次第に使わなくなったような気がする。

しかし今回は、梱包してファミリーマートへ持っていくだけ。メルカリアプリで作成したQRコードをFamiポートにかざして、出て来たレシートと品物をレジに持っていく。それで終わり!なんて便利なんでしょう!匠の技!?
コンビニ店員さん、いつもチケット発券に加えて発送まで、お世話になっております。

ちなみに、これをらくらくメルカリ便という。
A4サイズ・厚さ2.5cmのものなら、全国一律195円(税込)。
送料込みで販売することが多いメルカリにおいて、購入者の住所によって売り上げが減るという問題を解消してくれる素敵サービスでもある。
あ〜メルカリ楽しい。値段を下げたらすぐ売れたし、発送も楽チン。
そんなメルカリにちょっと感動してたらこんなツイートが私のタイムラインに現れた。

私のことだ.....。 こうして私のような知能低め大学生はメルカリのお客さんになるわけである。

 

ちなみに他のフリマアプリのラクマも、配送方法と値段は似たような感じらしい。
というか、フリルがいつのまにかラクマと統合してた...フリルアプリが無くなっていたことに気づかなかった。LINEもZOZOTOWNもフリマから撤退していて、フリマアプリは今やメルカリとラクマしかないらしい。

以上メルカリの便利さと、売れた成功体験ゆえにメルカリにハマった私の話...

 

2.今日の5chが神だった件

今日2018年4月21日(土)のテレビ朝日の夜のテレビが面白くて3時間くらい立て続けに見ちゃったというそれだけの話。

 

22:10 地球征服するなんて 

U字工事「あー忘れてたけどこれが猿本来の硬さだわ。この猿脂のってんな!」

部族アースがまた始まった。最近見てなかったけど、久々に見たら面白すぎてたまげた。猿本来の硬さって。日本とは乖離した世界で暮らしてるU字工事の発言が、ぶっ飛んでる。

 

 

23:15 おっさんずラブ

牧(林遣都)「春田(田中圭)さんが巨乳好きなの知ってます..巨乳じゃなくて..巨根じゃだめですか?」

田中圭林遣都吉田鋼太郎という、色気&圧倒的演技力を兼ね備えたいい線の俳優3人を揃えてる時点で見ないわけがない。社内にいる色気担当脇役大臣a.k.a.眞島秀和も、今回ばかりはただの脇役で終わるはずがないでしょう。
案の定爆面白ドラマでした。こってり恋愛ドラマというよりはコメディタッチで、同性愛を、描いてるにも関わらず、社会派デース!感がない。「隣の家は青く見える」が社会派デース感がすごくて苦手だったんです。
世の女子は全員見るでしょうこれ。東京駅で電車待ってたら、前に並んでた女の子二人がTVerでイヤホン片耳づつしてみてたよ。

 

 

24:10ラストアイドル

録画したことないけど、ついてたら絶対見るやつ。
「こんだけ努力してるから絶対に自分の夢を叶えたい」ってスピーチする姿とか、可愛い顔して自分の我欲しか見せない女の子、面白すぎ。

 

24:35ファクトリサーチTV
「バラエティでも報道でもない。趣旨は答え合わせではなく調査の過程を見せる番組」

いとうせいこうの、ファクトチェックの番組やってほしい、というツイートをテレ朝の人が拾ってソッコー企画にしたらしい。
バラエティとか報道とかっていう垣根、よくわかんない。こういうポップな社会派番組もっと増えてほしいし、見たい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介護業界のはなし

母の働く介護施設が赤字だそう。
私の母は、地域密着型の介護施設で管理者を務めている。看護師が常時いるため、末期ガンの人など重度の高齢者を受け入れており、看取りも行なっていることが特徴の施設だ。そうした利用者は単価が高いため、母がいる事業所は数年間常にグループ内売り上げ1位を保っていたそうだ。しかし、これが赤字になり最下位となってしまったという。

原因は?と聞くと、「そういう波だ」という。偶然らしい。
というのも、契約したばかりの利用者がすぐに寿命を迎えてしまう、ということが近頃は重なっていた。つまり、利用者の数が減り、見込めるはずだった売り上げが頓挫した結果、赤字になってしまったということらしい。

え?お客さんいないの?待機児童ならぬ、待機高齢者いないの?

 

母は、新しい顧客を獲得するのに悩んでいて、ようやく最近新しい利用者との契約を進めることが出来ているらしい。
なんか単純に、介護にまつわるマッチングサービスとかメディアとか、ないの?って思った。

 

話を聞いていると、施設を利用したい人が介護に関する情報を初めに得るところは、役所か病院らしい。介護が必要と感じて家族が自ら役所に相談しにいくか、退院する際に病院から案内を受けるかのどちらかが多いという。(多分)
ここで問題なのは、病院という名のデカイ組織が、組織内で顧客を回していること。つまり、病院が患者を退院させたらグループ内の介護施設なりを紹介し、サービスを施しているという。したがって、そこから溢れてしまった人を受け入れてきたのが、母が働くような施設だという。

 

第1志望じゃないんかい!
そして、それも口コミや役所などの紹介を通して、施設に訪ねてくるのが通常パターンだそうだ。

なんてアナログ!
強いていうなら、施設の情報はフリーペーパーにチョロっと載っているとか、厚生労働省のページにチョロっと載っているとか、とにかく誰の目にもつかないような所にあるらしい。
母曰く、「結局病院も介護も、あの先生が良い、あのケアマネージャーが良い、とか人の問題だからね〜口コミだね〜」らしい。介護業界ってそういうものだったのか...

 

でもさ、介護ってこれからより多くの人がぶち当たる問題だよね?みんな区役所行って聞くの?ダルくない?てかみんな働いてるしそんな時間なくない?あなたはこっち行ってくださいとか、これを持ってきてまた来てくださいとか言われるの?鬼めんどくない?そんで最終的には紹介されたとこにテキトーにながされるの?やじゃない?選びたくない?みたいな?

 

高齢者時代で社会保障制度もコロコロ変わる。介護なんて当事者にならないと知ろうとしない情報だけど、すごく複雑で多種多様だ。母は、「こんなことも知らないのか〜」と仕事をしていて感じることが多いそうで、「制度を知らないことは本人とってマイナスになっちゃう。まあだからケアマネがいるんだけどね」と言っている。介護についての情報メディアがあって良いと思うし、赤字で悩んでる高齢者向け施設があるくらいだったら、お互いを繋げるマッチングサービスなどのメディアがあっても良いんじゃないかと思った。

 

実際、「介護」でTwitter検索をかけると、介護現場で肉体労働をする人の問題や愚痴が散見され、情報は落ちていない。ユーザー検索でも、介護にまつわるニュースを流しているものが多く、自分はどうすれば良いのかという答えは出ない。App storeで検索しても、シフト調整アプリやや求人など、働き手へのものが多かった。介護施設検索サイトもあるが、私たちがまず知りたいのはどんな施設がどこにあるか?より先に、どんな種類の施設に入るべきか?だと思う。介護の入り口を扶けてくれる人って、役所と病院以外に、今あるのかな。知りたいことがあるときはまず検索するのが常なのに、介護はそれが出来ない。

 

実際に介護についてリアルタイムで相談できるチャットサービスとか、Uberみたいに人を評価しちゃうとか、そもそも介護について情報を発信したり利用者と施設の導線をつくったり、介護をもっとやりやすく、ストレス少なめで行うために出来ることって沢山ある気がする。とにかく、私たちが「介護」へアクセスするときの距離がすごく遠いことを実感した。

話が逸れるけど、介護というと施設現場の労働環境の問題が取り沙汰される。高齢者に暴力を振るわれるケースなどもよく耳にするけれど、そもそも介護施設高齢者のマッチングが上手くいってなくて起きてる場合もあるのでは?と思い始めた。

現場の労働環境とか、働き手の問題は深刻だし重要だと思う。でも結局、やらなきゃいけないのは自分自身だから、アクセスしにくい介護にどう関わってくか考えることも大切だと思う。これからは、そもそも介護ってどうやるの?とかどうやって介護を始めるか?とか、そうした一般人の生活に近い問題に目を向けてもいんじゃないかと思う。

 

 

 

 

カフェチェーン店の値段が気になったので調べてみた

カフェチェーン店の値段表です。左から安い順に店名を並べました。
f:id:pocl97:20180407220901p:plain

 お店は、私の行動範囲でよく見かけるor入るという超主観的な判断で選びました。珈琲館、星乃珈琲、椿屋珈琲、ルノアールなどは高いので行きません。エクセルシオールはサラリーマンで埋まってるせいか行ったことがないです。選んだメニューも、主観で決めました。甘党!

 

家で集中して何かをすることが苦手なので、私はしょっちゅうカフェに行きます。カフェに求めるのは⑴コスパ⑵机の大きさ⑶騒がしくないかどうかです。


最近はタリーズコーヒーが好きでよく行きます。机も大きい、そんなに騒がしくない、そしてソファふかふか。しかしこうして価格を比べてちょっとばかし高めということに気づきました。金なし就活生にはそぐわない。

タリーズは、 店内でかかってるインストBGMが好きです。ジャズとか現代曲とかなんか洒落た曲が流れていて、思わずShazamしました。。誰が選曲しているんだろう。

Le Hot Club

Le Hot Club

  • Hot Retro Jazz Project
  • ワールド
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes
La Vida En La Tierra

La Vida En La Tierra

  • provided courtesy of iTunes

 

あともう一つ好きなポイントは、注文したものが出てくるのを待っている間にタリーズが販売しているハチミツの試飲ができるところです。待ち時間のそういうサービス大好き。3種類もあるの。欲しくなる。

 

フードは300~400円なら安い方、500円は普通、600~700円は高い方だと思います。スタバは、そうしたご飯系に加えてクッキーとかスコーンなどの低価格なものがあるところがお腹膨らむので好きです。コスパ
あと、カフェドクリエのケーキセット610円~も好きです。コスパ

 

 

今こうして考えると、ベローチェはケーキ美味しくない、サンマルクはコーヒーまずい、ドトールは狭くて混んでる、スタバはうるさくて混んでる、という消去法でタリーズに行っていた気がします。でも高いから、カフェドクリエ行こ。

 

行動力がない。

2018年度にやりたいことを予め書き出した。そんなになかったけど。
私は行動力がないので、まずは目に見えるようにすることから始めたい。。

 

▼クローゼットの服を大量に売りたい。
 ¥1,000 で売れるかな。高いかな。小銭欲しい。
▼ブログを継続したい。
毎週土曜更新する。
▼英語を勉強してTOEICを受けたい。
Stranger Things - Netflixにハマってから、英語を理解したいという欲望が3ヶ月続いている。7月末にTOEICを受ける。今月は単語1000個覚える。

就活が終わったら

▼ハンドメイドアクセサリーを売りたい。
初期材料費¥10,000  小銭欲しい。
▼映画,書籍,演劇を観まくりたい。
それに加えてPLANETチャンネルとかnoteとか課金したいものが多すぎる。
月¥16,000分捻出したい。感覚で月6万稼ぎたい。
¥60,000 ÷ 時給¥1,000 = 60h 大体週3シフト...無理ゲー...

 

昨年末にこれを開設して、私は何か意見があろうとなかろうと、何もしない人なんだと改めて実感している。クソすぎる。中堂さんもびっくりのクソさ。はい、モチベーション格差ウェーイ。所詮口だけの奴なんて嫌だー。なんとかしたいー。

 

何かを始めるのに遅い時期などないという誰かの言葉を胸に頑張りタイガー🐯
とりあえず4月上旬はエントリシートを出すことに専念しなければならない。
それにしても、内定をもらって来年の春から働ける、という状況が想像できない。自分の中で、就活がマンネリ化している。ES→面接→落ちるの恒例パターン、マジ卍。私は働きたい。アルバイトでなんとなく生きるのは嫌だな。やっぱり4月上旬はエントリシートを出すことに専念しなければならない。

 

キングオブ就活サイトマイナビ

就職活動してるけど、マイナビという就活サイトをほとんど使ってない。
というか、使い方がよく分からないです。
情報過多で画面が見づらいし、“全掲載企業数”とか“エントリー可能企業数”とか謎の数字を沢山見せてきたりして無意味に不安を煽ってくるので、開いてるだけでうんざりするのです。

 

マイナビっていうのは、企業の情報が集中させられた就活サイトです。(多分)
そこから企業に応募したりする事ができる。(一応)
前提として、新卒の採用試験というのは、だいたい「エントリー(登録)→エントリーシートの提出→面接」という過程を踏みます。おそらくこのエントリーの部分と、そもそもの企業選びの際にマイナビを活用すべきなんだと思う。
例えば、一度名前・住所・電話番号などの情報をマイナビで入力しておいて、マイナビで企業を探し、そのまま「エントリー」ボタンをポチッと1クリックするだけでその企業へのエントリーが完了するみたいな。便利サイトなんでしょう、恐らく。ところが1クリックだけで済まないのがマイナビなんだよね。

 

そもそも大企業(定義はよく分からない)なんかは、各社が運営している新卒採用の特設ページから登録する事で、エントリーできるようになっている。
つまりマイナビからエントリーボタンを押しても、結局その特設ページに飛ばされるので、一から名前住所etc...を入力することになる。

意味ない!!!!!!

一度マイナビを噛ませるメリットがこちらにはない。開くページ増えただけ。めんどくさい。だるい。やだ。さよなら。そっ閉じ。

 

また、エントリーシートを提出する際に同時にウェブテストという試験を受けなければならないパターンがある。内容は各企業によって多少の違いはあるけれど、大まかにいうと高校受験レベルかそれ以下の国語や数学と、性格検査というテストのことです。
これも毎回受けるのがかなりめんどくさい。だいたい全部受けるのに1時間ほど要す場合がほとんど。これこそ、マイナビとかが一括してくれればいいのに!センター試験みたいに、使い回しさせてくれればいいのに!

また、これに加えてリクナビというサイトもある。



なので結局、企業のHPから直接登録するようになったためほぼ使っていなません。
エントリーした企業が一覧で見れるから管理がしやすいというメリットがあるのかもしれないが、マイナビに掲載されていない企業もあるので、そんなに便利か?という疑問は拭えない。掲載されている企業の情報も、バイト求人サイトに書いてあるような薄いことしか書いてないから意味がない。なのにHPのリンクすぐに飛べない。使いづらい。見辛い。

めちゃくちゃフル活用してる模範的就活生がいたら、私に使い方を教えてください。使い方次第では便利なのかも。あまのじゃくと偏見から未だに抜け出せないお子ちゃまな私を助けてください。

どうせなら、新卒採用ページのリンク一覧でも作って欲しいよー。笑

 

 

MAMMA MIA!の音楽が楽しすぎる件について

マンマ・ミーア!-ザ・ムーヴィー・サウンドトラック (All BPs)

マンマ・ミーア!-ザ・ムーヴィー・サウンドトラック (All BPs)

  • キャスト・オブ・マンマ・ミーア・ザ・ムーヴィー
  • サウンドトラック
  • ¥1300

Mamma Mia!のサウンドトラックを無限ループしています。

ちょっと落ち込むことがあってもこれを聴いたら超絶前向きすぎて笑っちゃって、もうオールオッケーだなと思える、魔法です。Voulez-Vousなんて、聴きながら歩こうもんには気分はミュージカルスターだよ。LALALANDばりに足をクロスさせながらノリノリで歩ける。

もちろん年末からの英語ブームが私を洗脳しているので、これらの曲を完璧に発音して歌いたいという欲のままに、暇さえあれば歌詞を見て意味を考えながら(ここ重要)、歌っています。

映画も見ました、もちのろんNetflix

 

www.youtube.com

このシーン1:40あたりから異変が起き始めます。1:50には完全に湯浅政明のアニメになってくるのです。湯浅政明のアニメに出てくるような、人が同じ動きで踊るシーンがあるんです。笑ってしまった。ギャップ。共感してほしい。実写湯浅政明

 

f:id:pocl97:20180118024131p:plain

映画『夜明け告げるルーの歌』のワンシーン。

逸れますが、『夜明け告げるルーの歌』のキャッチコピーは「君の“好き”は、僕を変える」という最高のやつです。みてね。



 

 

 

英語の勉強を始めたくらいNetflixに影響されている

 

www.netflix.com

Netflixを登録してから1年半くらいが経ったのですが、ようやく本格的にはまり出しました。最高の引きこもりコンテンツ!

きっかけはStranger Thingsを見たことです。全話見終わってからの余韻が引かず、演者のSNSやら記事やらを漁りまくりました。いつのまにか受験生の味方 a.k.a.ターゲット1900を片手に持っていました。。英語ブーム到来。

それが2017年末の話。この英語ブームと、カンボジア帰りによる水下痢を伴った超絶腹痛地獄と共に、年を越しました。ヘイガイズ!ハッピーニューイヤー。

それから毎日欠かさずStranger Things関係の動画を取り憑かれたように見続けています。字幕もないのでフィーリングで見ているのですが、ずっと聴いてると耳に馴染んでくるもので、言語というのは不思議だなと思います。わからなくても1時間とか余裕で見れるのです。好きという気持ちはもろもろを超えるよね。単語を覚えるのは苦痛でも、彼らのインタビューを聞き取るためなら努力も惜しまないわ、という感じで、毎日英語が楽しい2018年初頭です。

 

以下、取り急ぎみたネットフリックスオリジナルドラマ。

 

『このサイテーな世界の終わり (原題:The End of the F***ing Wold)』
1話20分で全8話なので一気見しまし。めちゃくちゃサイコーです。
人を殺してみたいサイコパス少年と、常に機嫌と口が悪い少女のボーイミーツガール逃避行ブラックコメディ。サイコパスの心の変化に青春を感じます。最高。
原作は漫画らしい。読みたい。

www.netflix.com

『13の理由 (原題:13 Reasons Why)』
ハンナ(17)の自殺した理由が、彼女が残した13本のビデオテープを元に明らかになっていくと言うもの。人間関係における葛藤について、めちゃくちゃよく描かれているなって思いました。
2017年ストレンジャーシングスに次いで見られたNetflixのドラマらしいです。
全ての10代に見て欲しいと思います。