7月

ハクソーリッジ

デズモンドの信仰心からくる行動に圧倒された。「信仰」がここまで人を動かすなんて思っていなかった。

なんとなく見たいという衝動で見に行った気がする。
甘いラブストーリーが展開される序盤を観ていた時に、これからショッキングな映像体験が待ってるなんて思いもしない。

武器をもたないデズモンドが人の命を救うために、敵がうろついている戦場に何度も戻る行為は、異常な姿だった。人命救助とはいえ、自分の命を絶体絶命な環境へ晒しにいくのは理解できなかった。

それほど戦場シーンは残虐で、体を縮こませて目を細めながら観てしまった。めちゃくちゃ怖かった。もう一度アメリカ軍がハクソーリッジに行くと言った時、まだ戦闘シーンやるの!?もう観たくない!と思った。

そこまでして人を助けることに執着しているのは信仰心ゆえ、っていうのが衝撃的。信仰って何!?!?!?

 

沈黙-サイレンス-

たまたまアンドリュー・ガーフィールド×キリスト教作品を連続で観た。

やっぱり私にとって、信仰心がここまで人間の行動を支配していることが不思議でしょうがない、理解できない次元。でもキチジローとパードレは行動にとらわれず心の中だけでも信仰を続けてた。神は沈黙を続けるのになぜ?考え方の違いが知りたい。

それにしても、あんなにもキリスト教の弾圧が厳しかったのは日本だけなのか。

 

私は、ダニエルブレイク

母親が食べ物を配給してくれる場所でトマト缶を口にしちゃうシーンに泣いてしまった。ロンドンの制度とか役所のシステムがひどかったけど、実際もあんな感じなのかしら。

 

獣道

伊藤沙莉須賀健太吉村界人もアントニーもめちゃくちゃよかった。ストーリーも面白かったけど、登場人物の感情の動きがあまり読み取れないところが好きじゃなかったかも。疑似家族が崩壊したくだり然りアントニーの環境の変化然り。

須賀健太がめちゃくちゃ可愛かったよ〜。

 

「ていで」/ナカゴー

最初のやつ意味わかんなかった。笑
ちょこちょこ面白かったけれどあんまりよく分からなかった。演劇はもうちょっと量を見てお勉強したいです。

 

まだBUTTER読んでない。ゆとりも。。。