雑感

踊る人に見てる人 同じ人なら踊ろぜワイヤイということで始めました。ハタチ

今年みたお笑い・演劇のこと①

2〜3

仁義なきネタライブ~品川死闘編~

f:id:pocl97:20171211133254p:plain

TBSラジオで24時から放送している、月「アルコ&ピースD.C.GARAGE」、火「うしろシティの星のギガボディ」、水「ハライチのターン」の合同ネタライブ。
会場にはリスナーしかいないので、各パーソナリティが登場したときの沸き方が他のお笑いライブとは一線を画しているのがラジオ系イベントの醍醐味のひとつだと思う。
どんなイベントのなかでも群を抜いて多幸感が充満してる空間なんじゃないかなあ。だからラジオのイベントはたまらない。行っちゃう。感覚的にはこれまで聴き続けた、貯水してきたそれぞれのダムが放流されて合流する、みたいな。となりに座っているただの他人とだっておなじ共通言語があるっていう!別に話やしないのだが。

結局、内輪が最高のエンタメだと思ってる。勿論、ネタもトークも最高に面白かった!ここでまんじゅう大帝国のネタを見れたのもすごく嬉しかった。

ニューヨーク単独ライブ「嶋佐&屋敷」

f:id:pocl97:20171211132956p:plainチャゲアス意識のフライヤー

 

「テレビでロケ番組やってるニューヨークが早く見たい!」と、めちゃくちゃ思った。
ニューヨークの面白いところは性別・職業・立場など人に対して若い偏見めいた見方で口を挟むところだと思う。卑屈な感じじゃなくてめちゃ明るいからいい。
そういうニューヨークの好きなところが幕間の企画で存分に発揮されていて面白かった。「ネット上の霊媒師に電話お祓いしてもらう」「初恋の人に連絡とってみる」という企画。

ネット上に良くある、電話でお祓いしてくれる霊媒師おばさんに5000円課金して電話かけてクスクス笑いながら聞くとか、初恋の人に連絡とれたとれないでワーキャー言ってるだとか、それだけなんだけど、そういう異変に対して芸人ぽい味付けの濃いリアクションじゃない、生のリアクションをするところが2人の面白いところだと思う。
オールナイトニッポン0からハマった私は、やっぱり2人のキャラクターがたまらなくツボなんだよな。超おもしれー。もっとテレビでニューヨークが見たい。 

Amazonプライム・ビデオで「嶋佐&屋敷」は見れます。

ロロ「いつ高シリーズvol1. いつだって窓際であたしたち」

f:id:pocl97:20171211134207j:plain

はじめてのこまばアゴラ劇場、はじめてのロロ。これきっかけで今年は何本か演劇をみた。いつ高シリーズというのは高校演劇のフォーマットに作られていて、舞台設営10分+上演60分らしい。
これをみてから、ロロは2つ観に行っている。ロロの、最終的な全肯定感を求めに行ってる気がしてる。それにこの初回で島田桃子さんの魅力にすぐ取り憑かれた。あの特徴的な聴き惚れる声はなんなんだ。

次の「マジカル肉じゃがファミリーツアー」も観ると思う。フライヤーデザインはボブa.k.aえんちゃん。わたしのiPhoneの待ち受けも、えんちゃん!(Enjoy Music Clubと三浦直之(ロロ)の合作「100%未来」のジャケット!)

soundcloud.com