英語の勉強を始めたくらいNetflixに影響されている

 

www.netflix.com

Netflixを登録してから1年半くらいが経ったのだが、ようやくネトフリの沼にズブズブ....最高の引きこもりコンテンツである。

きっかけはStranger Thingsを見たこと。全話見終わってからの余韻が大きすぎて、演者のSNSやら記事やらを漁りまくった。いつのまにか片手には受験生の味方 a.k.a.ターゲット1900を持っていた。ネトフリがきっかけで英語ブームの到来である。

2017年は、この英語ブームと水下痢を伴った超絶腹痛地獄(ゼミ研修で行ったカンボジア帰りが原因)と共に年を越した。ヘイガイズ!ハッピーニューイヤー!

それから毎日欠かさずStranger Things関係の動画を取り憑かれたように見続けている。日本語訳なんてあるわけがないので、フィーリングで見ているのだが1時間くらい余裕で過ぎてしまうから不思議である。好きという気持ちはもろもろを超えるよね〜。
単語を覚えるのは苦痛でも、彼らのインタビューを聞き取るためなら努力も惜しまないわ、という感じで、毎日英語が楽しい2018年冬。

 

 

じゃあネトフリで見たおもしろドラマ教えちゃうね〜 


『このサイテーな世界の終わり (原題:The End of the F***ing Wold)』
1話20分で全8話なので一気見できる。めちゃくちゃサイコー。
人を殺してみたいサイコパス少年と、常に機嫌と口が悪い少女のボーイミーツガール逃避行ブラックコメディ。主人公であるサイコ少年の心の変化に青春を感じる、エモエモな作品でもある。サイコサイコウ。
原作は漫画らしい。ぜひ読みたいですね。


『13の理由 (原題:13 Reasons Why)』

自殺した女子高生が残した13本のビデオテープ。それは彼女が自殺した理由を生前吹き込んでいたもので、話を追うごとに自殺をした理由が明らかになっていくと言うもの。人間関係における葛藤についてめっちゃよく描かれてるよ!
2017年ストレンジャーシングスに次いで見られたNetflixのドラマらしい。全ての10代に見て欲しい。