けいちゃんぶろぐ

テレビとかラジオとか映画とか見るのが生きがいだyo

関ジャム【ハロプロ特集】を見ました

朝井リョウによる熱烈なハロプロプレゼンを彼のラジオで聞いて以来、私はハロー!プロジェクトに興味津々なんです。朝井リョウのみならず、どうしてハロオタってこんなにも熱量がすごいのか。その熱い愛をリアルタイムで育んできたASAYAN世代が羨ましくてしょうがない。

f:id:pocl97:20180620182145p:plain

今回のジャムセッション 丸山x村上xモーニング娘。'18

ハロプロに好奇心をくすぐられている、そんな私のために企画してくれたかのような番組が、放送されていたのです、「関ジャムハロプロ特集」!
改めて、音楽の多面的な部分を切り取り、(リスペクトを感じるほど硬派に)一般視聴者にその奥深さと面白さを教えてくれる関ジャムに感謝!

 

一番感動したのは、大森靖子による【16ビートを刻む歌唱法】の解説です。
超絶共感。ハロプロのマジでカッコいいところはこのノリ!!!!テンポ感!!!!グルーヴ感!!!それを生み出す歌唱法を解説してくださいました。

LOVEマシーンの歌詞でみんなご存知の

「明るい 未来に 就職希望だわ」

これを

「明るうぃ 未来に 就職希望だわ WOW WOW WOW

と歌っているんですよね。
ただの「い」ではなく「うぃ」と発音することによって音を強調し、ビート感を出しているんだって。
ハロー!プロジェクトって、みんなつんくさんの歌い方をするなぁとは思っていたけれど、そこには16ビートを生むという共通理解が潜んでいたんですね。感動です。

ちなみにですが、以下の動画をぜひご覧ください。
太陽とシスコムーン「ガタメキラ」のレコーディング場面です。
かつてこれをテレビで放送していたんなんて....戻りたい..もう少し早く産まれたい...
見てください、このつんく節の作り方を!!!

youtu.be



他にも、LOVEマシーン

こんなに優しくされちゃ みだら

を、中澤裕子

こんなに優しくされちゃ み(ぃん) だ らあ ぁ

 と歌っているとか、(ちょうどココをどうやって歌っているのか疑問だった私にとって神解説だった...)

Mr.Moonlight愛のビックバンドを題材に高橋愛の歌唱力解説とか、
ハロプロ初心者の痒いところに手がとどく的な、ちょうど気になっていた部分を解説してくれました。すごく面白かったです。

 

そして最後のコラボが素晴らしかった。
ジャニーズとモーニング娘。’18のレベルの高さを見せつけられました。
村上と丸山が必死についていっている姿がリアル。しかし当日初合わせでここまで仕上げられるのは、ジャニーズの底力を感じました...とはいえその必死さは、モーニング娘。のレベルの高さを浮き彫りにしているし...
つまり、ハロプロ特集を締めるのに最高のセッションでした...。

 
ももクロ私立恵比寿中学がAppleMusicきたので、ハロプロも早よ。ジャニーズも。頼む〜!